ゆっくりとね

f:id:Shimpachi:20180919093820j:plain

打ち合わせな一日だった。

いつもの仕事の打ち合わせに加えて、最後に5時間ほど、まだ形になるのかどうかも分からない少しミライの打ち合わせをちょっとだけ真剣にしてみた。色んなことが分かりかけてきた気がしていたけど、実は分からないことだらけだ、ということだけがわかった。ま、ゆっくりやっていきます。

ねむりのもり

f:id:Shimpachi:20180918102100j:plain

プーと大人になった僕」を見た。

何もしないことをする、禅問答のような映画でした。まったりと眠気にさそわれて、このまま寝てしまってもいいんだよ、という悪魔のささやきと戦いつつ最後まで見ましたが、でもそれが果たして正しいことだったのか…。いろいろ反省させられました。

ひらてうちだ

f:id:Shimpachi:20180917091140j:plain

響-HIBIKI-」を見た。

ひと言でいうと最高でした。平手友梨奈の圧倒的存在感。憧れの人と握手した手を宝物のように愛でたかと思えば、平然と椅子で人を殴りつるし、指も折る。「あ、しまった」と鉛筆をちょっと落としたくらいの感じで校舎の屋上から落ちて、平然と立ち上がって歩き出すような無感情さを見せを見せたかと思えば、動物園ではまるで普通の少女のように笑った素の表情をみせる。凶暴だけど愛くるしい何とも手に負えない人物像。このキャスティングはすばらしい。ホロリとさせた後に一瞬でギャグに転じて余韻を残すエンディングもよかった。アイドル映画なのにエンディングでアイドル曲を流さないのもいいな、なんて思ってたら平手本人の歌だったのでびっくり。最後の最後までいい意味で裏切られ続けた。見終わったあと、もう一回みたくなったのだけど、直後に「ザ・プレデター」のチケットを買ってしまっていたので、それはかなわなかった。で、

ザ・プレデター」も見た。

ホラー映画を観に行ったはずが、全く違うものだった。シェーン・ブラック監督とはいえ、プレデターだからなんて思ってたんだけど、甘かった。「ナイスガイズ!」もびっくりの最高のバカバカしさ!!これは嬉しい裏切りでした。つまり大好物です。あと、もう一本ついでに、

3D彼女 リアルガール」も見た。

オタクで非モテな男子と美少女JKのラブコメディのはずが、ハロウィンの呪いで空っぽになる世界の話。家族は?みんなどこへ行ってしまった?あれ、君ってそういう人だったの?これはアニメの2期が今から楽しみです。

もりこみすぎ

f:id:Shimpachi:20180915153551j:plain

「マガディーラ 勇者転生」を見た。

冒頭、安っぽくて、バカくさくて、古くさくもあって、9年も前の映画だし、バーフバリの監督の映画とはいえこれはちょっと…なんて思っていたのだけど、中盤から一転、なるほどこれがあったからバーフは生まれたのだな!と思える激変ぶり。というか、そうなってくると前半の展開さえもよく思えてくる。とにかくサービス精神が旺盛すぎて行きすぎている。で、すさまじくチャーミング。かあいらしくて、楽しく、熱い!盛りだくさんな映画でした。

まわっている

f:id:Shimpachi:20180914091620j:plain

6つに割るアレを始めてみた。クリスティアーノ・ロナウドの宣伝しているやつ。朝、ドラクエXしながら手足腹に機具をつけて振動を受けている。今日で3日目。正直なめてた。想像以上に振動がすごくて、なんなら痛い。ゲームもままならない。思わぬ誤操作でカメラが回ってしまう。目も回っている。二日酔いでやると更に回る。今日も世界は回っている。