めんどくささ

f:id:Shimpachi:20181120091217j:plain

「生きてるだけで、愛。」を見た。

めんどくさい人間の権化のような趣里の圧倒的な存在感。どんなに嫌いでも、どんなにめんどくさくても、どんなに救いがなくても、どうしようもない自分という存在を抱えて生きていくしかないという悲劇。切なくて苦しいけど、少しだけ優しさが残る余韻あるラストがよかった。…なんて書くとしめっぽい映画っぽいけど、ダメ度が過ぎてほとんどギャグの領域。ゲラゲラ笑いながら見てました。

がいねんなり

f:id:Shimpachi:20181119155200j:plain

GODZILLA 星を喰う者」を見た。

アニメゴジラの完結編。なるほど。実写ではできない怪獣をやろうと。1も2もある意味ではそういう映画だった気もするけど、3は最もつきつめてきた感じでしょうか。もはや概念だと。よし!ハリウッド版が楽しみだ!!!

やみをあるく

f:id:Shimpachi:20181118090608j:plain

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」を見た。

NETFLIXで前作を見直してからすぐに続きを見るというぜいたくな流れ。にしても、4日前からアメリカのダークサイドを練り歩くようなラインナップを見続けているような…。これもまたずしりとくる映画でした。静かだけど容赦ない緊張感がずっと続いてなんか終始怖かった。んで、これ続きあるんすよね!!?見たい。早く見たい!!!

えぐられた…

f:id:Shimpachi:20181117113758j:plain

舞台「セールスマンの死」を見た。in 神奈川芸術劇場

イラン映画の「セールスマン」だったり、デンゼル・ワシントンの「フェンス」だったりでちょいちょいあがってくるタイトルで、ずっと気になっていたんだけど、ようやく見ることができた。過去に囚われて今を生きていない男の物語。ものすごい絶望感と悲しさ。これ、自分の未来に起きないとも限らない…他人事に思えなくて深く胸をえぐられました。

かもんべいべ

f:id:Shimpachi:20181116103927j:plain

「華氏119」を見た。

アメリカ…。もちろんこれは切り取られた側面でしかないのだろうけど、とにかく恐ろしい世の中です。色んなことが怖くなる映画でした。そして他人事ではないですね。

まるであくむ

f:id:Shimpachi:20181115093024j:plain

「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」を見た。

狂気のニコジ!!!なかなかぶっ飛んだ映画だった。不覚にも疲労の限界で途中何度か寝落ちしてしまったのだが、起きても同じようなシーンが続いていて、まるでいつまでも醒めない悪夢のようで、それはそれでよかった。…ただ、コンディションを整えてもう一回見に行くべきか、悩ましい。